<   2010年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2010年 08月 28日
ええーー!
まじでっ??
知らなかった…

http://www.yogurt-land.jp/

日本にもあったんや…
ていうか、メンチーズにしか行ったことないけど…
しかも関東じゃないから行けないけど…(笑)
どこまで続くの、ハワイブーム。

それからこれも知らなかった…

http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-important.html

9月8日ってもうすぐじゃん!!
アメリカに旅行の予定がない方も、有料化される前に是非申請を!
私は去年申請したんだけど、申請番号わかんなくなっちゃって(笑)
再度申請しなおさなきゃだったので、早く分かってよかったわ。

今日は文字だらけですんません。
[PR]

by peeyo | 2010-08-28 22:27 | ヒトリゴト | Trackback | Comments(16)
2010年 08月 26日
秀逸!カロリーコントロールアイス
毎日暑い日が続きますね。
皆様体調など崩されておりませんでしょうか。

さて、結構以前から発売しているカロリーコントロールアイス。80kcalと低カロリーなのは魅力ですが、いかんせん、高くって少なくって、食感がアワアワしていて(空気ばっかりって感じ)、私的に結局リピートには至らない商品でした。
ラインナップとしては、カップアイスとモナカがあって、まーモナカは結構いける。

で、最近、このカロコンアイスに、サンデータイプが登場したのを知って、早速試してみましたよ!

d0054865_21154022.jpg

じゃーん!まずはショコラスイーツ。おおっ!これは!!量が多いじゃないか!!(笑)
カップタイプが110mlなのに対し、サンデータイプは143ml!!この差は大きいよ(オレ的に)!バニラソフトっぽい部分に、チョコソース、そしてその下はチョコレートアイス。このチョコとバニラのアイスは全然食感が違います。バニラはふんわり、チョコレートはかなりしっかり。
d0054865_21155150.jpg

これで80kcalは、うそなんじゃないかと思うくらい凄い。
d0054865_2116112.jpgd0054865_21162469.jpg
うん、うまいよ!!!バニラの部分はアワアワ食感でやっぱり軽いので、物足りないのだが(笑)チョコソースがかかっているのと、チョコレートアイス部分がしっかりまったりしているので、満足。すばらしい~~
d0054865_21163737.jpg

こちらはストロベリースイーツ。基本的にあんまりフルーツものには惹かれないのだが一応試してみる。
d0054865_21165311.jpg

うんうん、おいしいおいしい。甘酸っぱいストロベリーソースがいいね。
d0054865_2117289.jpg

そしてオレを一番うならせたのは… チョコチップ入りじゃ~~~~~ん(*゚∀゚*)
そんなこと一言も表示がなかったのでサプライズだった。これはすばらしい。

値段もシリーズと同じ157円なのもすばらしい。おいしくて、量も十分。カロリーが低いとあれば、こりゃーリピート決定なのだ。実際もう3回も食べちゃったもんね!
ぜひとももっと色んなフレーバーを出して欲しいものです。
[PR]

by peeyo | 2010-08-26 21:39 | これ食べました | Trackback | Comments(8)
2010年 08月 23日
ラ・プロヴァンスでゴージャスランチ
竹芝のホテルインターコンチネンタル東京ベイにあります『ラ・プロヴァンス』で、バースデーランチ。一休.com のタイムセールで非常にお得なプランがあったので、このお店をリクエスト(笑) ワインも好きに飲んでいいとのお許しがでております。ワーイ!ありがとうございます。

さて、さすがにホテルレストランだけあって、とってもクラシカル。店内は凄く広いというわけではありませんが、テーブルの配置がゆったりしているせいか、とても優雅な印象です。
私たちが通されたのはソファー席でした。フカフカのソファは座り心地も良かったです。他にもソファ席はいくつかあったようでした。

担当してくださったソムリエの方は、物腰が柔らかで、所作も美しく、適度な緊張感も醸し出しつつ(笑)、いいレストランに来ている感を演出してくださいます。
余談ですが、この方、スワロフスキーのソムリエバッヂをしてたー!葉っぱの部分は金色なんだけど、ぶどうの部分が透明で、スーツの色が黒だったので、黒いぶどうのようにも見え、初めて見るなあ~一体何バッヂだろう… と思って調べたら、ソムリエバッヂって資格さえ持っていれば何をつけてもいいんですね。知らなかった…

さて、ランチコースは3種類。値段は税・サービス料込です。

CHINON    (前菜・メイン・デザート) ¥3465
BLOIS      (前菜2種類・メイン・デザートワゴン) ¥4620
CHAMBORD  (アミューズ・前菜2種類・魚料理・肉料理・デザートワゴン) ¥6930

d0054865_20123625.jpg
今回頂いたのは、CHAMBORD。特別プランでしたので、もっとお安い値段で、さらにワンドリンクがついておりました。
d0054865_20124942.jpg
ワンドリンクにはもちろんシャンパーニュをいただきましたよ。PIPER-HEIDSIECK BRUT(パイパー・エドシック ブリュット)。先日頂いたボランジェよりずっとずっとすっきりした飲み口。昔は甘ければおいしいと思っていたけど、やっぱりお食事に合わせるにはこれくらい辛口のほうが好きかな~ ちなみに今回頂いたワインは、すべて新しいボトルを開けてくださいました。
d0054865_2013630.jpg
アミューズその1:これはメニューにも載っていない、小さなアミューズ。バゲットにフランス産のクリームチーズを乗せたもの。
d0054865_20131856.jpg
パン2種類。バゲットと、オレガノが香るパン。
d0054865_20155312.jpg
本日のアミューズ。カツオのマスタードソース添え。
d0054865_2016648.jpg
前菜:鴨のフォアグラの冷製と3種のガルニテュールのマリアージュ。
おお、こんなに分厚い、がっつりしたフォアグラは初めて食べたかも… かなりこってり濃厚です。フォアグラだけを食べるとさすがに重いのですが、イチジクと食べたり、赤キャベツのマリネと食べたりすると食べやすい。何しろ、このぶどうのパンにつけて食べると、全く臭みが消えます。ガスパール東京でもレーズンのパンがでてきていましたね。定番なのかな?
d0054865_20162144.jpg
ここでグラスの白ワイン。こちらのグラスワインは赤白3種類ずつくらいだったでしょうか? 値段はさすがにホテルレストラン価格でありますが、1350円から2300円くらい?。ワインリストには特に飲みたいものがなかったので、ソーヴィニヨンブランのものを、とお願いしたら、用意してくださったのがこちら。ロワールのソーヴィニヨンブラン de Ladoucette Pouilly Fume( ラドゥセット・プイィ・フュメ )。いや~~、とてもさわやかで果実味豊かでおいしかったですね。
d0054865_20163360.jpg
前菜その2:モンサンミッシェル産ムール貝のフラン ズッキーニのブイヨンを注いで。
色鮮やかなズッキーニのブイヨンの下には、なめらかなフラン。この黒いのも多分ソテーされたムール貝です。しっかりとした味付けでおいしかったです。ズッキーニの味はあんまりしなかったけど(笑)
d0054865_20164564.jpg
魚料理:香ばしくポアレした鮎のコンフィ 加茂なすのコンポートと夏トリュフ。
こちらは4時間もじっくり油で煮込まれた鮎。頭から尻尾まで食べられますとのことだったので、綺麗に全部頂きました。しかも見えますでしょうか、トリュフが乗っていますよ!! でも貧乏人のワタクシはトリュフの味が良く分かりませんでした…(笑) 香ばしくて鮎の苦味がおいしかったです。
d0054865_2017454.jpg
さて、お肉のメインのために、赤ワインを。ワインスクールでシラーがとてもおいしかったので、シラーをチョイスしてみました。コート・デュ・ルーションのドメーヌ・サルダ・マレ・テロワール・マイヨール。うん、こちらも酸味がしっかりしていて、思ったほどスパイシーでもなく、甘みもあってとてもおいしかったです。
d0054865_20171692.jpg
スイカのガスパチョ。
お口直しのスープ。ほんのりスイカの甘みもあるけど、トマトのガスパチョのような感じでさっぱり。
d0054865_20172792.jpg
さて、メインの肉料理。メインだけ2種類から選べます。和牛とウズラだったんだけど、ウズラの空輸が間に合ってないとのことで… 代わりのシャラン産の鴨をチョイス。以前ル・ジュー・ドゥ・ラシエットで食べたときも思ったけど、しっかりとした歯応えで、臭みもないし、言われないと何の肉かわからないかも。おいしかったです。もうちょっとソースがかかっててもよかったかなあ。
d0054865_20174028.jpg
これはもう1つのメインの和牛もも肉のエギュイエット エシャロットとレフォール風味。かなり脂が乗っててジューシーでした。
d0054865_20175062.jpg
さてさて、お楽しみのデザートワゴンの登場ですよ~!思ったほど種類は多くなかったし、思ったほどケーキも大きくなかったけど!(笑) 普通の人なら十分満足できる量だとは思います。ケーキ4種類、プリン、ブランマンジェ、ライスプディング、いちごのソルベ、プルーン(?)のコンポート。こんな感じ。
d0054865_2018150.jpg
とりあえずケーキは全種類。画像はありませんが、ココナッツのブランマンジェも頂きました。左から、バナナとカボチャのパリブレスト、すもものタルト、チョコレートムース、パッションフルーツのムース。このパリブレストが一番おいしかったかな~ キャラメリゼされているバナナとカボチャのクリームが抜群においしかった。それから見えていないココナッツのブランマンジェもとってもおいしかった。うーん、満足満足。
d0054865_20181067.jpg
プチフール。チョコレートのサブレ。さくさくでおいしかったです。
飲み物もフレーバーティー、コーヒー、ハーブティーと、10種類くらいから選ぶことができました。

特別プランということでお得だったことを差し引いても、とても満足できる時間を過ごせました。
何しろ、デザートワゴンのサービスがあるところからして(私にとっては)ポイント高し。
お料理はクラシカルというかオーソドックスというか、ザ・フレンチ~という印象でしょうか。
やっぱりお祝い事の席だとかにふさわしいお店かな、という感じです。
また機会があったら伺いたいと思います。

ラ・プロヴァンス フレンチ / 竹芝駅日の出駅浜松町駅

昼総合点★★★★ 4.0


[PR]

by peeyo | 2010-08-23 22:29 | これ食べました | Trackback | Comments(10)
2010年 08月 22日
ガスパール東京
ずーっと行ってみたかった、麻布十番にありますフレンチ、『ガスパール東京』へ行って参りましたよ!
一度行こうと思った時、まさかの臨時休業日で撃沈… 念願叶っての訪問です。

お店はビルの4階にあります。こじんまりとしたビルだけどなかなかおしゃれな感じです。
エレベーターを降りると、ぐっと照明が落とされ、落ち着いた雰囲気。
ちょっと奥まったボックス席みたいなテーブルに通されました。

こちらは京都の人気店。京都には系列レストランが3店舗あります。そういえば京都に行ったとき行ってみたかったんだよね…

ディナータイムのコースは3種類。

野菜のディナーコース 9皿 6,800yen
ガスパールディナーコース 6皿 8,400yen
シェフおまかせコース  10皿 12,600yen

d0054865_19143676.jpg
今回はガスパールディナーコースをチョイス。いつもどんなお料理が来るのか、この瞬間が一番楽しみ~
d0054865_19145349.jpg
まずはグラスシャンパーニュ。グラスシャンパーニュは2種類から選べました。チョイスしたのはボランジェ。有名だけど飲んだことなかったので(笑)
おお、意外と普通っぽいんですね。ちょっと甘口で飲み易い。あんまり複雑な香りはしなかったかな。
d0054865_19152146.jpg
アミューズ:ハムのムースを詰めたグジェールとプチトマトのコンポート
d0054865_19153319.jpg
エシレバターがまるっと、1個出てまいります。たっぷりつけちゃいますよ。
d0054865_19154881.jpg
パン: 普通の丸いパンと、フォアグラがでてくるタイミングでレーズンのパンが出てきます。このレーズンのパンがほの甘くておいしい。フォアグラと合うんだそう。
d0054865_1916151.jpg
ジュレ:カニとキャビア カリフラワーのムース仕立て コンソメ・ジュレ
さて、メニューは予め分かっていたので、超メニューを熟読した結果、こちらに決定。カリフラワーのムースが思いのほかねっとり食感で美味。ムースっていうかクリームチーズっぽかったかな。
d0054865_19161591.jpg
生牡蠣とカリフラワーのムース仕立て コンソメ・ジュレ
お連れ様チョイス。そのプレゼンテーションにテンションが上がっていたようです(笑) 私は何度も言うようですが、生牡蠣に中った過去があるため、あまり積極的にはチョイスできない食材です。とはいえ、1個もらって食べた(笑) おいしかったし、別に中らなかった。

画像はありませんが、この辺で、アルザスのリースリングをグラスで投入。
こちらのグラスワインは赤も白も5種類くらいあってなかなか嬉しい。値段は1300円~1700円くらい。

d0054865_19163275.jpg
フォアグラ:ウナギとフォアグラのテリーヌ仕立て バルサミコソース
フォアグラゾーンが一番悩んだ。相当悩んだ結果、こちらをチョイス。フォアグラのリゾットとか、さつまいものピューレ、ホロホロ鳥のテリーヌ仕立ても捨てがたかった… が、このチョイス正解!!とってもおいしかった~ うなぎはスモークされていて、とっても風味がよく、下に敷いてあるたまねぎがフォアグラの脂をさっぱりさせてくれます。
d0054865_19164625.jpg
大根の奈良漬けをまとったフォアグラのコンフィ マンゴーのシャーベット
こちらはスペシャリテみたいですね。一口もらいましたが、奈良漬の甘さと塩加減、マンゴーの酸味がなかなかさっぱりとフォアグラを食べさせてくれます。
d0054865_19165920.jpg
スープ:海老の香りいっぱいのクリームスープ
スープゾーンも悩みました… でも人気だという海老のスープにしました。う~~~ん、海老のエキスたっぷり~って感じで、凝縮されたおいしいスープです。クリームっぽいですが、さらっとした食感です。
d0054865_19171255.jpg
冷製ヴィシソワーズ
桜海老とキャベツのクリームスープが用意できない代わりのスープがヴィシソワーズでした。
d0054865_19172591.jpg
魚料理:活、オマール海老のロースト ブールブランソース
最初に生きたオマール海老を丸々一尾見せてくださいます。それの半身ずつをいただきます。大きくて立派なオマール海老です。火はほとんど入っていなかったのでレアレアです。フレッシュトマトがたっぷり乗っていて結構さっぱりな仕上がり。私としてはもっと濃厚~~な感じでもよかった。
d0054865_19174093.jpg
口直し:グレープフルーツとオリーヴオイルのグラニテ エストラゴン風味
d0054865_19204541.jpg
肉料理:ウズラのパイ包み焼きと九条ネギのクリーム煮 マデラ酒ソース
私のメインはこちら。そういえば、こちらのお料理、クチコミの画像でみるともっと大きいのかと思ったら、意外とどのお料理もポーションは少なめ。まあウズラなのででっかいことはないと思うけど(笑)、小さくてかわいい。パイ包みと、普通のローストが楽しめるのもよいですね。パイ包みの下に敷いてある九条ねぎのクリーム煮もおいしいです。
d0054865_19175194.jpg
松阪ポーク・バラ肉のコンフィ 黒オリーヴのピューレ
d0054865_1918417.jpg
お肉と合わせたのはブルゴーニュの赤。ヴォーヌ・ロマネ[2004]ダニエル・リオン

d0054865_19181564.jpg
最後はデザート。デザートもどれにしようか超悩んでいましたが、バースデープレートが出てきちゃいました~~(苦笑) 悩んで損した。そんなわけで、大人の階段をまた転がり落ちた1つ登ったワタクシでございました。
デザートは、イチゴのショートケーキ(?)と、グレープフルーツプリン。このイチゴのショートケーキ、非常においしかったのですが… ですが… 反則技で、パクチーが入っていた模様なんですが!!!←パクチー嫌い
 見えますかね~ イチゴの中に、ほんのり緑のものが乗っているのが。まあちょっとだったから全然おいしくいただきましたけどもね。グレープフルーツプリンもカンパリのグラニテが乗っていてほろ苦くてさっぱりでした。
このスポンジ生地がふわふわでおいしかったので、ロールケーキはおいしかったのだろうな~と思います。あと見えてないけどお抹茶も頂きました。

d0054865_19182620.jpgd0054865_19183727.jpg
プチフールとエスプレッソ。そしてグレープフルーツのハーブティもサービスして頂きました。

やっぱりプリフィックスは選ぶ楽しみがあっていいですね。メニューが沢山あるのでまた別のものを食べてみたいという気にさせます。
コストパフォーマンスという点ではとても優秀(っていうか今回は全部ご馳走になっちゃったけど(笑))だと思います。今度は10皿でもいいかも~

今回お邪魔した時がたまたまなのかもしれませんが、8時過ぎまでお客さんは私たちだけでした。
そして、お店が小さいこともあり、テーブルがパントリー(?)の近くだったので、スタッフが近く、私たちの話声がかなり丸聞こえ状態だったので(苦笑)、ちょっと居心地が悪かったことが残念です。すぐ横に立たれていた感じなので、もうちょっとさりげな~く控えていてくれるとよいかな~と思いました。


d0054865_19191439.jpg

また食べに行きたいです。
d0054865_19192549.jpg

プリン、お土産で頂きました~ おいしかった♪

GASPARD TOKYO フレンチ / 麻布十番駅赤羽橋駅

夜総合点★★★★ 4.0


[PR]

by peeyo | 2010-08-22 20:58 | これ食べました | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 21日
8月のワインスクール
さて、今月も行って参りました、ワインスクール@トゥールダルジャン。
今回で早いものでもう4回目です。
相変わらず全く誰ともお話しておりませんが(TдT)、毎回楽しすぎて既に来年も通う気マンマンであります(笑)

今回のテーマは『深紅の情熱 赤ワインで巡るフランス』 であります。
得意ではない赤ワイン特集。このあっついのに、赤ワイン…(-ω-)と、思わないでもないですが(笑) 

では、私の全くあてにならないテイスティングレポート、興味のある方はどうぞお付き合い下さいませ~


前回はフランスの白ワインでしたが、今回はフランスの赤ワインです。
実はフランスピンポイントで赤ワインをテイスティングしたことってないかもー。
ブルゴーニュVSボルドー みたいなのはあったけど、赤も白もあったし。あとは品種別とかね。

d0054865_2039641.jpg

Bourgueuil Les Cent Boisselees 2005 /Pierre-Jacques Druet
ブルグイユ レ・サン・ボアスレ /ピエール・ジャック・ドリュエ (ロワール/トゥーレーヌ/ブルグイユ)

これまた検索にひっかからなかったので、海外サイトから画像をお借りしました。
まず最初はロワールの赤ワイン。ロワールの赤は、初回にサンセールのピノノワールを飲みましたが、今回のAOCはブルグイユ。ブルグイユの使用品種はカベルネフランです。ロワール地方は随分と使用品種が多彩ですね。
どうでもいいけど、ほんと、ワインの試験を受けようと思ったら本当に大変そう…
さて、カベルネフラン100%のワインは初めてです。よくカベルネソーヴィニヨンとブレンドされていて、ピーマンの香りが特徴的な品種とされていますが、100%になったらどんなにベジーなんだ(笑)
と、思ったら、全然フルーティーな印象です。もちろんピーマンやししとうなどの青っぽいフレーバーはありますが、ベリーの香りのほうが主体。結構甘みもあり、酸味もしっかりしていて、タンニンはやさしいです。
先生曰く、全体的にやさしい印象だが、酸味がしっかりあり果実実も十分。後味に心地よい苦味と渋みがあるワインだそうです。まだまだシンプルで複雑な香りはしないとのこと。
うん、とても飲みやすくておいしかった。



Nuits Saint-Georges 1er Cru Les Petits Plets 2004 / Domaine de l'Arlot
ニュイ・サンジョルジュ プルミエ・クリュ 2004 / ドメーヌ ドゥ ラルロ (ブルゴーニュ/コート・ドゥ・ニュイ/ニュイ・サン・ジョルジュ)

次はブルゴーニュです。多分私的に一番飲んできたのがピノ・ノワールなんじゃないかと思いますが、これまた産地や生産者でガラリと印象が変わってしまうので、イマイチ分かるような、分からんような…(笑)
香りはまだフルーティーな感じです。チェリーとかラズベリーみたいな、あとちょっと梅っぽい感じ? それからちょっとだけ土っぽいようなきのこっぽいようなそんな香りもしたような… 先生はそういわなかったけど(笑)
先生曰く、ラズベリーやカシス、バイオレット、バラのような華やかな香り。フルーティーな中にも鉄っぽさも少し。タンニンは滑らかで、最初は柔らかに口に入ってくるが、後になってぼわっと広がるとのこと。
う~~~ん、やっぱりソムリエの表現は勉強になるなあ。




Crozes-Hermitage 2006 /Alain Graillot
クローズ・エルミタージュ 2006 / アラン・グライヨ (コート・デュ・ローヌ/クローズ・エルミタージュ)

次はローヌの赤ワイン。セパージュはシラーです。シラーは私的にはブブーな品種。辛いしスパイシー過ぎ…と、思っていたのですが…
わ~お、おいしいじゃないですか~~ 確かにスパイシーではあります。タンニンもざらつく感じではあります。が、意外と甘さもあって、酸味もしっかり。香りもかなりフルーツの印象です。ブラックチェリーのような感じ。
それから、すっごくすっごく何かの香りを感じたんだけど、何かがわからない~~ ココア? シップの香り? バニラエッセンス?? <めちゃくちゃ(笑)
先生曰く、胡椒、プラム、芋焼酎(?)、ブラックオリーブ、ベーコン。
シラーは年を取らない品種なんだそうです。酸化しづらいので、熟成がなかなか進まないらしい。なのでまだまだ紫がかった若々しい印象のワインだそうです。



Côtes du Roussillon Villages Vieilles Vignes 2004 / Domaine du Clos des Fées
コート・デュ・ルーション・ヴィラージュ 2004 / ドメーヌ・クロ・デ・フェ (ルーション)

はい、お次はルーションの赤ワイン。私のようなワインビギナーには、ラングドック・ルーション地方はマイナー過ぎて(笑)あまり印象ありません。使用品種もマイナーだし…
今回のワインのセパージュは、グルナッシュ、カリニャン、ラドネ・プリュ(初めてきいた)、シラーです。
これまた全く期待していませんでした。が。

お、おもしろ~~~い!てか、おいしい~~(笑)

香りが全く持ってポートワインっぽいです。プラムジャム、ドライイチジク、干しぶどう、バニラ、ブラックチェリー、そんな感じ。甘くて超いい匂い(*´ェ`*) ですが、アルコール度数は15%なので、かなりしっかりした感じ。タンニンもしっかりあります。でもとっても飲み易い。
しかも、先生は全くふれてなかったけど、これってVieilles Vignes じゃありませんか!!だからこんなに凝縮した感じなのかな?? とか言ってみる(笑)

シャトー カントナック・ブラウン[2002]

シャトー カントナック・ブラウン[2002]

価格:4,148円(税込、送料別)



Margaux 2002 Château Cantenac Brown
マルゴー2002 シャトー・カントナック・ブラウン (ボルドー/オー・メドック/カントナック

さ、真打(?)ボルドーの赤ワインです。今回ボルドーの赤だけ2種類なのですが、俗に言うところの右岸と左岸というやつですね。こちらは左岸の、マルゴー。このシャトーカントナックブラウンは格付け3級のシャトーです。左岸の土壌は砂利質なので水はけが良く、カベルネ・ソーヴィニヨンに適しているとのこと。なので左岸のワインはカベルネ・ソーヴィニヨン主体なんだそうです。
セパージュは、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン。
カベルネ・ソーヴィニョンの特徴的な香りは、ミントとかユーカリ、樽っぽい木の香りだそうですが、確かにそんな感じでした(笑) 私はCSといえばベジーと思っていたんだけど、そこで、カベルネフラン100%のロワールの赤と比べてみると、確かにちょっと違う。今まで青っぽい匂いと、ミントっぽい匂いがごちゃごちゃになっていたけど、カベルネフランは本当にピーマンのニュアンスだけど、カベルネ・ソーヴィニヨンのほうは青い植物っぽいニュアンス。な、気がする。
先生曰く、プラムジャム、メントール、甘い香ばしい香り、青っぽい香りもあるけどブルーベリー的な感じもあるとのこと。



Côtes du Castillon 2002 Château d'Aiguilhe
コート・ドゥ・カスティヨン 2002 シャトー・デギール (ボルドー/コート・ドゥ・カスティヨン)

こちらが右岸の赤ワイン。右岸は、粘土質の土壌で、カベルネ・ソーヴィニヨンの生育には向いていないが、メルロの生育条件には適しているので、メルロ主体のワインだそうです。
メルロもイマイチよくわからんちんな品種であります。
すんません、ちょっとボルドーあたりでお料理がでてしまって、テイスティングの説明が上の空だったもんで…(笑)
えーと、香りはこげたような香ばしい香り。酸味は穏やかで、フルーティーで丸い印象だが、タンニンが強く感じられ、ボディが強い、とのことです。確かに、一番パワフルなワインでした。ざらついたタンニンではないが、かなり渋みを強く感じます。酸味が穏やかなので、タンニンを余計強く感じてしまうらしい。つまり、酸味、果実実、タンニンのバランスってやつですね、私の良く分からない(笑)


そんなわけで、実はちょっと~と思っていた赤ワイン特集でしたが、ふたを開けてみたらまたまた超おいしくて楽しかった~~
どれもやっぱりおいしかったけど、今回印象に残ったのはやっぱりローヌとルーションの赤ワインかな~
品種の特徴もなんとなくだけど、掴めたような気がします。 

d0054865_21212929.jpg

そしてお楽しみ!本日の一皿。またこっそり激写。
やったー!肉キタ━━━━(*゚∀゚*)━━━━!!
あまりにもテンションあがりすぎて、お料理の説明あんまり聞いてなかった(゚∀゚ ;)
確か鴨のテリーヌといっていたような気が… 違うかな… ま、何かのテリーヌです(笑)
紫芋のチップスが花びらのように飾られていて(マッシュポテトに刺さってる)、ビーツのピクルスが添えられています。テリーヌ自体は、そこまでオイシー!ってほどでもなかったけど、肉だったので満足。
ちなみにバゲットもおいしくて、いつもテイスティング中に早々に食べ終え、お替りをもらいます(笑) オレってやつは…

来月からはニューワールドに移りますよ。
[PR]

by peeyo | 2010-08-21 22:36 | ワイン | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 16日
ゼロ
万年ダイエッターのワタクシ。
飲み物でカロリーを摂るのが一番キライだというお話を致しましたね。
150kcalのアイスカフェラテを飲むくらいならチロルチョコ3つ食べるほうを選びます(笑)

アルコールも然り。
私はお酒は好きだしかなり飲めるほうですが、アルコールは私の生活の中でのプライオリティはかなり低い。
飲まなくても全くへーき。飲みたいとも思わないし、とにかく飲み物でカロリーを摂りたくない主義なので、普段は全くアルコールには興味ありません。
もちろん外食するときは話は別なんですがね(笑)

しかし

最近、とうとうでてきちゃいましたね。


ゼロカロリーのビール飲料が!!!


ゼロカロリーなら試してやってもいいぜ!!(上から目線)

確かにね~ 暑いときなんかはあの苦味とすっきりとした炭酸が恋しくなったりすることは事実。
基本、ビールは好きなんです( ´艸`)

というわけで早速飲んでみた。


d0054865_21305521.jpg

まずはアサヒからでている『ダブルゼロ』。

・・・

・・・

・・・

・・・

_| ̄|O il||li


うっぷ


d0054865_2285817.jpg



つ、次 (゚∀゚ ;)
こちらは、サントリーの『オールフリー』。
これ、好評すぎて生産が追いつかず、販売一時休止のニュースがやっていましたよね。

おお、これはなかなかおいしいではありませんか。
まー私は普段から発泡酒の類を飲んでいるわけではないですが、発泡酒っぽい感じでなかなか。あくまでもビールテイスト飲料ではありますがね。でも不思議と飲んでいると酔っ払うような感覚があるのは何でだろ??(笑)
ビールを飲みたいなら、本当のビールを飲もうよ、とは思いますが、まー毎日飲む人とか、逆に飲めない人とか、やっぱりニーズはあるんだろうな、と思います。
オールフリーならまた飲んでもいいかな。
ちなみに2つとももちろんビールコーナーには置いてなくて、でもジュースコーナーにも置いてない(笑) アルコールが入っていないなら子供が飲んでも問題ないんだろうけど、やっぱり違和感がありますよねー。
それからカロリーゼロとはなっていますが、ちゃんと100mlで5kcal未満をゼロカロリーと表示しています、みたいなことが書いてあるので、実際は20kcalくらいはありそう。ゼロカロリー商品に共通することですけどもね。

でもゼロカロリー商品が増えてくれることはダイエッターには嬉しいことですな。
[PR]

by peeyo | 2010-08-16 22:12 | これ食べました | Trackback | Comments(2)
2010年 08月 15日
引き締めジンジャー30本♪
以前モラタメさんで試したことのある引き締めジンジャー
今度は何と、プチトレ応援キャンペーンで当選しちゃいましたー!

d0054865_1621188.jpg


ちょっとピリリとしてすっきり飲みやすく気に入っていた商品だっただけにうれちー((o(´∀`)o))
ありがとう、カネボウさん☆

さて、このプチトレ応援キャンペーン、実は『みんなのフィットネス』というサイト経由で応募したんですけどね。
これってちょっと凄いですわよ。Wii Fit ってございますわね。あれって楽しそうだけど、Wii 持ってないし~という人(つまりオレだ)にぴったり!パソコンでエクササイズができるのです。
身長、体重、年齢、もっているエクササイズグッズを入力し、さらに、運動強度(心拍数)、体力チェック(腹筋、腕立て、スクワット)までさせられ(汗)、自分にあったエクササイズプログラムを作ってくれるというもの。
私はこの体力チェックの時点で汗だくになりましたけどね!
内容もヨガとかストレッチ、筋トレなど多岐に渡っています。まだ本格的にはやってないんだけど、ハワイ前の集中ウェイトコントロール期間には取り入れる予定です。

引き締めジンジャー飲んで、がんばるどー!
[PR]

by peeyo | 2010-08-15 16:38 | 当たったよ | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 14日
今月のBagel & Bagel
8月になりました。
世間の皆様はお盆休み真っ只中でございましょうか。
ワタクシはお盆休みは全く関係ございませんので、毎日電車がガラスキで快適でございます。
ワタクシの夏休みはもうちょっと先なの。ウフッ。ウフフッ

さて、今月のベーグル&ベーグル。
の、前に、先月のプレミアムベーグルだったヤツを1つだけご紹介。

d0054865_1541103.jpgd0054865_15413387.jpg

カレージャーマン(確かこんな名前だった)。もう一個の7月のプレミアムベーグル『カレーたまご』はカレーが乗っていたけど、今回のはベーグル自体がカレー味。うーん、カレーたまごのほうが断然おいしかった。
d0054865_15421087.jpg


さて、8月のクリームチーズは、『マンゴーマンゴー』、『白桃』、『7種豆カレー』。
えっ?? 『白桃』って7月に引き続き??? 何故に?? 2ヶ月連続なのは初めてだよ… 白桃はもういいや。というわけで、マンゴーマンゴー。間違いないココアホワイトチョコベーグルで。う~~~~ん、うんまいね。

d0054865_15423799.jpgd0054865_15425337.jpg

これは8月のプレミアムベーグル第1弾『ラズベリーメロンパン チーズクリーム入り』。
これね。すんご~~~~~くベーグルが固かったんだけど(笑)、すごくおいしかったです。ベリーの風味もよかったし、クッキー生地も甘くて、なによりチーズクリームがヨーグルトっぽい味でなかなかおいしかった。結局1回しか食べられなかったけど、また販売しないかなあ~

d0054865_15431672.jpgd0054865_1543301.jpg

これは8月のマンスリーベーグル、『マンゴー』。だよね(笑) マンゴーマンゴーのクリームチーズと、ココアホワイトチョコと半分ずつ。これも若干固いんだけど、とってもおいしい。トロピカ~ルな味。

d0054865_15435282.jpgd0054865_1544680.jpg

8月のプレミアムベーグル第2弾、『サルサチーズ』。これと、7種豆カレーのクリームチーズ。そしてなんとなんとマンゴーベーグルと半分ずつ。昔、カレーツナマンゴーっていうサンドがあって、むちゃくちゃおいしかったので、きっとカレーとマンゴーの組み合わせはおいしいに違いない!と冒険。

結果、そうでもなかった…(´゚ェ゚)チーン
マンゴーベーグルが甘いので、何故かカレーチーズクリームのしょっぱさが際立つ結果に。
まずくはなかったけどね。

でもサルサチーズとはばっちり。チーズとカレーはやっぱり合う!(゚∀゚) ていうか7種豆カレーうますぎ。
プレミアムベーグルは1週間の短い販売なので、リピは難しい~~
ま、多分また出てくると思うんだけどね。ピザベーグルとかみたいに何度も何度も(笑)
[PR]

by peeyo | 2010-08-14 16:13 | これ食べました | Trackback | Comments(6)
2010年 08月 08日
7月のワインスクール
さて、ワインスクール@トゥールダルジャン も3回目となります。
今回のテーマは『エレガンスとの出会い 白ワインで巡るフランス』であります。


今回も個人的な備忘録でございますがよろしければお付き合い下さいませ~


レザルム・ド・ラグランジュ [2007] 750ml

レザルム・ド・ラグランジュ [2007] 750ml

価格:3,675円(税込、送料別)



Bordeaux 2007 Les Arums de Lagrange
(ボルドー2007 レザルム・ドゥ・ラグランジュ) ボルドー/メドック

今回はフランスの色々な地域の白ワインをテイスティングしますよ。まず最初はボルドー。どっちかというとやっぱり赤ワインのほうが有名ですかね。
さて、こちらは以前飲んだこともあるサントリーが所有するシャトー、ラグランジュの白ワインです。一応AOCとしてはサンジュリアンなんだけども、赤ワインでないとサンジュリアンは名乗れないそう(あっ、サンジュリアンというかメドックも名乗れないのね)。
ボルドーなので、セパージュは、ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ミュスカデルのブレンド。ソーヴィニヨン・ブラン独特の香りがやっぱり分かりやすい。青リンゴやパッションフルーツ、バニラっぽい香りも。



Chablis Premier Cru Montmains 2008 Patric Piuze
(シャブリ プルミエ・クリュ モンマン 2008 パトリック・ピウズ) ブルゴーニュ/シャブリ

お次はブルゴーニュ。ブルゴーニュなのでセパージュはシャルドネの単一品種です。
初回にもお目見えしたシャブリですが、畑違いですね。ま、違いが分かるはずもありませんが…
前回は結構トロピカールな感じがしたんですが、今回は結構シャブリらしいというか、すっきりとしたドライな感じでした。相変わらずミネラリーは分かりませんでしたが…orz
普通のワインスクールと違って、やっぱりソムリエ視点からの説明がとても面白くて毎回勉強になります。例えば、ヴィンテージについても、ワインスクールだと、xx年は出来がいいから買ったほうがいい、xxは出来が良くない、くらいしかないけど、こちらのスクールだと、さわやかじゃない熟した感じが好きならxx年、すっぱいのが好きならxx年がいいですよ、ということまで教えてくださいます(´∀`)



Meursault Les Vireuils 2005 Jean-Yves Devevey
(ムルソー レ・ヴィルイユ 2005 ジャン・イヴ・ドゥヴヴェイ) ブルゴーニュ/コート・ドゥ・ボーヌ/ムルソー

続いてもブルゴーニュ。今度は同じブルゴーニュでも地域差を感じるということで、シャブリよりも南に位置するコート・ドゥ・ボーヌの白ワインです。
シャブリとは違ってボリュームがある感じです。色調が濃く、ぶどうの熟成度が高いとのこと。パパイヤやハチミツ、ドライシェリー、パイ生地のニュアンス。酸はシャブリに比べると丸い印象。
シャブリも十分おいしいと思ったけど、やっぱりこちらを頂いてからまた飲んでみると、かなりさっぱりした味に感じますね。



Alsace Riesling Jubilée 2004 Hugel et Fils
(アルザス リースリング 2004 ヒューゲル・エ・フィス) アルザス

はい、お次はアルザスのリースリングです。リースリングも分かりやすいものはかなり当てることができるので好きな品種です(笑) うーん、やはり特徴的な石油香があります。このガソリンっぽい香りがダメって言う人もいるみたいですが、私は全然大丈夫。さて、強い酸味が特徴的なリースリングですが、こちらは今回テイスティングした中でも一番甘かったですね。華やかで力強い感じで、私は一番好きだったかもー。
ちなみに↑の画像リンクはできるだけヴィンテージをあわせてはいますが、ないものもあるので、そういう時は仕方ないのである年のものをリンクしてあります。そんで、この2004年のヴィンテージだけ何故か凄く高かった(笑) 普通は1500円くらいみたいなんだけど。

d0054865_2092537.jpg
Montlaouis sur Loire Les Choisilles 2002 François Chidaine
(モンルイ・シュール・ロワール レ・ショワジール 2002 フランソワ・シデーヌ) ロワール/トゥーレーヌ/モンルイ

次はロワールの白ワイン。セパージュはシュナン・ブラン。何故か検索しても全くヒットしなかったんだけど、コレ…(笑) 海外サイトからエチケットの画像をお借りしました(('ェ'o)┓ペコ
これはですねー、とっても面白い香りがしましたね。酸化して茶色くなっちゃったリンゴのような、ちょっとお酢っぽいようなでも甘い感じのような、不思議な香り。確か昔シュナンブランの香りはアプリコットだって習った気がするんだけど、シュナンブランってどんな香りだ??
先生はミカンの缶詰っていってたけど…(笑) 酸は豊かだが、まろやかだそうです。

d0054865_2010114.jpg

Châteauneuf du Pape Boisrenard 2000 Domaine de Beaurenard
(シャトーヌフ・デュ・パプ ポワスルナール 2000 ドメーヌ・ドゥ・ボールナール) コート・デュ・ローヌ/シャトーヌフ・デュ・パプ)

最後はコート・デュ・ローヌのワイン。セパージュはルーサンヌとグルナッシュ・ブラン。
よく耳にするシャトーヌフ・デュ・パプ。ぶはっ!わたしこれシャトーの名前かと思ってた~~~(笑)
AOCだったのか~~!
さてさて、これもまったく検索でヒットしなかったので海外サイトから画像を拝借。これ、ビンテージが2000年と一番古いのですが、まず香りを嗅いでむせそうになりました(笑) 絶対アルコールが高いだろうと思ったら、やっぱり~~!14%もあります。白ワインとしての香りはあまり感じません。どっちかっというとスピリッツみたいな感じでしたね。とにかく辛くて強い。かなりな変り種だったみたいで、先生も、食事の最初から最後までワイン1本で通したいというお客さんに、かなり変わっているけどこんなものをありますよ、と奨めたこともある一品だそうです。酸味があまりなくて、スパイシーで、ボリュームがある。で、辛い(笑) 私はちょっと…って感じだった。

最後の2つ以外は、全部好きな味でしたね~ うーん、今回も勉強になりました。

d0054865_20234849.jpg
そんなわけで、今回もこっそり激写してきた(笑)、本日の一皿。エクルヴィス(ザリガニ)のムース。黒くてプチプチした(キャビアではない)ものも入ってたんだけどあれなんだったんだろう… まさか刻んだトリュフ??? 今回も非常においしゅうございましたのだけど、ちょっと同じような味が続いている感じもしないでもない。ここら辺でちょっと肉とかが食べたいな~
来月は赤ワインなので、期待しましょう。
[PR]

by peeyo | 2010-08-08 20:28 | ワイン | Trackback | Comments(2)
2010年 08月 07日
大福みたいなホイップあんぱんマロン
久々の菓子パンシリーズ。
大好きなこのシリーズの新作がでたようなので、コレは早速チェックしなければ!

d0054865_21204340.jpg
『大福みたいなホイップあんぱん』のマロン。芋栗カボチャにはまだちょっと暑苦しい季節だが(笑)秋を先取りですね。
d0054865_21205729.jpg
相変わらず塩気のあるもちもちしたパン生地。このマーガリンの風味がやっぱりなんともいえないなあ~ 賛否両論ある、この表面の粉粉した感じも私は大好き。
マロンあんと、マロンホイップの2層構造。このシリーズは端から端までたっぷりフィリングがあるのが嬉しいね。
さて、お味はというと、あんのほうはあんまり栗の味はしないけど、ホイップはマロンの風味がしっかりあります。うん、おいしいね。おいしいけど、抹茶同様、やっぱり普通のホイップあんぱんが一番かな~
[PR]

by peeyo | 2010-08-07 21:33 | これ食べました | Trackback | Comments(0)