2009年 05月 24日
オテル・ドゥ・ミクニでプチワイン会
ワインスクールのお友達に企画していただいて、オテル・ドゥ・ミクニで優雅にワインランチに行ってまいりました。こちらはミクニのネット限定プランというもので、10人以上集まれば、前菜・魚料理・肉料理・チーズ・デセールのコースに、食前酒+白×2+赤×2+食後酒で計6杯のワインが出され、しかもソムリエさんのプチセミナー付き、で、消費税、サービス料込み、12000円という大変お得なものなのです!!
まー10人集めないといけないというのがネックですが…(笑)

d0054865_13122991.jpg
さて、お店は四ツ谷駅からしばし歩いて住宅街にポツンとそびえる、なんともクラシカルな洋館です。私たちは2階の円卓のお部屋に案内されました。やはり普通のおうちをレストランとしているので、床はカーペットだし、何だか普通のおうちに招待されているような、不思議な雰囲気です。
d0054865_13145487.jpg
まずは食前酒。私はペーペーですが、一応みなさんワインを勉強していますし、有資格者も何人かいる会でしたので、ソムリエの方がこれはなんでしょう??なんてしょっぱなからブラインドテイスティング!(笑) 色は茶色がかった甘口の飲み物。酒精強化ワイン(ポートワインとかシェリーとか)?だの、リキュール?だの、しまいには梅酒?だの、いっておりましたが(笑)、結局ぶどうベースではなく、いちごやブルーベリー、その他色んなフルーツでできたフルーツワインとのことでした。でもやっぱり発酵が弱いのでアルコールを添加しているとのことでした。
d0054865_13134139.jpg
アミューズ。ワイン当て(笑)でワイワイやっている間にすっかり冷めてしまいましたが、ベーコンとタマネギ(だったか?)のキッシュ。こちらのアミューズはずっと変わらずこれなんだそうです。キッシュとは思えないほどとてもなめらかな舌触り。まるでプリンでした。そして、何故か、三角形の先が自分のほうに向くようにサーブされていたんですが、これもミクニのこだわりなんだそうです。どういうこだわりかわかんないけど…
d0054865_13152144.jpg
次のワインは
VdP Val de Loire "Sauvignion Blanc" 2008。 こちらはACワインではなく、ロワールのヴァン・ド・ペイ。アルコールが低かったのかな?結構穏やかな感じのソーヴィニヨン・ブランでした。d0054865_13135479.jpgd0054865_131489.jpg
千葉県産ズッキーニのファルシとロケットのサラダ仕立て、鹿児島産・グリーンピースのジュレとくちなしの泡添え、グリーンマスタード風味
前菜です。鮮やかなグリーンがとても印象的な一品。この泡をどけるとズッキーニのファルシがお目見えします。この泡は別に味には影響しませんが、やっぱり絵的に華やかになる演出ですよね。ズッキーニの中に詰められていたのは、確かほたてだったような… ちょっと覚えておりませんが(笑) 
d0054865_1315449.jpg
次のワイン。
Andlau Riesling 2007。こちらはアルザスのリースリング。こちらは最初のに比べるとしゅっとした印象だった(ような)。どちらの白ワインもおいしかったです。
d0054865_13155988.jpg
長崎平戸沖・イサキのクルスティン焼き、弘前でとれた五種のフレッシュトマト(赤・黒・黄・オレンジ・緑)と福井・コシヒカリのトマト風味リゾット添え、香草とゲランドの天然塩和え
次はお魚。このいろんな色のトマトがかわいらしい~ 黒いトマトはなかなかおもしろいですね。味は意外と甘かったです。やはりお魚はこのパリっとした皮目が一番おいしい。塩加減も丁度よかったです。
d0054865_13161115.jpg
次は赤ワイン。
Shiojiri Winery "マスカット・ベリーA" 2003。こちらは日本は長野の赤ワイン。おお、私長野のワインは初めてです。これ、とってもおいしかったですね~~ マスカット・ベリーAは初めてでしたが、ピノっぽい感じで私はとても気に入りました。
d0054865_13173912.jpg
ハンガリー産仔鴨のロゼット、奈良・丸茄子のシャルロットと柚子味噌、きのこ(椎茸・舞茸・しめじ・プナピー・エリンギ・柿ノ木茸・マッシュルーム)のフリカッセと新ジャガ・ホド芋添え、マデラソース
お肉料理。これはとってもおいしかったですね。きのこが沢山あって風味がよく、なんといってもこの柚子味噌が鴨と合うんだな~ 柚子味噌がマデラソースとケンカすることもなく、非常にバランスのよい一品でした。
d0054865_13175462.jpg
完熟フロマージュ各種
本当はこの前にもう1種類赤ワインがでたのですが、写真撮るの忘れました… Bourgogne Rouge 2006 でした。これよりやっぱり塩尻ワインのほうが好みだったかな。
さて、フロマージュです。5種類のチーズがありますが、どれもおいしかったです。手前のシェーブル、この前のセル・シュール・シェールみたいで非常に食べやすくおいしかったです。
d0054865_13181050.jpg
食後酒。Pacherenc du Vic Bilh 2002。甘口白ワインです。
d0054865_13182188.jpg
沖縄産パッションフルーツのデリス、そのシャーベットと泡和え、ココナッツ風味のメレンゲ飾り、季節パティスリーの盛合わせ
デセールです。う~~~ん、おいしい。この泡は消えちゃうタイプではなくゼラチンで固まっています。ココナッツのメレンゲも非常に美味。
d0054865_13283741.jpg
コーヒーと三種の小菓子
やっぱり女性の方は、プチフールどころかデザートも残してしまっていました… 完食なのは男性と数名の女性と私くらいなもん(笑)

たっぷり3時間以上もかけたワインランチ、雰囲気も含めて満足いくものでした。
ただ、やっぱりびっくりしてワクワクしたり、感動的で印象的な料理は特になかったかな~
クラシカルで安心のできるお店だと思います。

優雅な午後のひとときでした。

オテル・ドゥ・ミクニ (フレンチ / 四ツ谷、信濃町、四谷三丁目)
★★★★ 4.0


[PR]

by peeyo | 2009-05-24 14:45 | これ食べました | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://choikaji.exblog.jp/tb/9768634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< MR. BRAIN 脳トレパン...      今週のBagel & Bagel >>